HOME>アーカイブ>イタリアンやフレンチレストラン利用の前に確認すべきコト

ネットで情報収集が可能

今時はインターネットで欲しい情報を簡単に手に入れることができます。特に飲食店の情報はたくさん掲載されているので、事前にレストランの評判やメニューを調べておけば、当日がっかりするということはないでしょう。

イタリアンとフレンチ料理の3つの違い

店内

炒め物のベース・オリーブオイルとバター

基本的にイタリアンは炒め物をする際には、オリーブオイルが使われますが、フレンチではバターが使われます。同じような料理でも印象が全く異なるので、さっぱりした味が好きならイタリアン、コクを楽しみたいのであればフレンチを選びましょう。

炭水化物・パスタとパン

日本では料理と一緒に楽しむ炭水化物といえばお米ですが、イタリアンではパスタ、フレンチではパンが多いです。レストランを選ぶのであれば、あえて料理ではなく炭水化物で選んでもいいでしょう。炭水化物はおまけのように捉えられている人もいますが、全ての料理に合わせるものなので、炭水化物が気に入らなければ料理を楽しむことが難しくなります。

料理の具材・野菜と魚介類

基本的にイタリアンでメインとなる食材は野菜です。一方、フレンチでは魚介類がメインに使用されます。そのため、ヘルシーな料理を好む人にはイタリアンがおすすめだといえます。フレンチの中にも魚介類を使ったサラダやスープなどサッパリとした料理が多いので、好みに応じてレストランを選び分けましょう。

イタリアンやフレンチレストラン利用の前に確認すべきコト

男女

スムーズに入店するなら予約が必須

イタリアンやフレンチレストランは、有名店や人気店となると順番待ちするほど混雑することが予想されます。イタリアンやフレンチのレストランをスムーズに利用したいという人は、事前に予約しておきましょう。有名店や人気店は数カ月先まで予約で埋まっているということもあるので、デートや記念日に利用したいのであれば早めに予約しておいてください。

池田で美味しいイタリアンが堪能できる

広告募集中